活動報告2月 February

H24消防団幹部研修を実施

平成24年2月19日(日)に下関市消防団幹部研修を実施しました。内容は、「消防団員募集のための取り組み」と「情報伝達について」。

対象は、副分団長以上全員でした。

団員を増やすには、団員募集キャンペーンだけに頼るだけでなく、団員各々が増加にむけて、団員確保に取り組む必要性があります。例えば、自治会、地域の集会や商工会を通じて、消防団をPRする機会を作るなどです。
これからモセキ消防団PRキャンペーンをうまく活用して、入団促進をしていければと思います。 

災害時の連絡方法は、現状はサイレンや電話が中心です。今後は
携帯メールを使った取り組みを取り入れて行くことも必要です。時代の流れとともに災害時連絡方法も見直しがいることを学びました。
参加された消防団幹部の皆様、お疲れ様でした。

H24下関市消防団親睦ボウリング大会


 平成23年2月11日(土) 下関市消防団員互助会親睦ボウリング大会

 2月11日(土)19時から下関市大和町 下関ロイヤルボウルで、下関市消防団員互助会親睦ボウリング大会を開催しました。 消防団員 138人が参加して、ボウリングの腕前を競いました。
 優勝は、
       団体の部 彦島分団
       個人の部 彦島分団 津森 吉考さん
 でした。 

                   upH23-02ボウリング大会_DSCN1110



















               【優勝】 彦島分団 おめでとうございます!

 
順位 分団名等 チーム 氏名   性別 ハンディ
(1ゲーム)
1ゲーム 2ゲーム 合計 レーン
1 彦島(1部) 彦島 津森 吉孝     212 210 422 37
2 彦島(2部) 彦島 冨田 真生   20 213 146 399 42
3 下関(本部) 下関 西野 武男   10 188 168 376 1
4 彦島(2部) 彦島 植田 百合明     167 194 361 40
5 勝山(2部) 勝山 西野 英男     156 199 355 11
○個人の結果 ベスト5










 
 ○団体の結果 ベスト3

1位 彦島分団 
2位 清末分団
3位 小月分団

全体の結果は、下のエクセルの表をクリック
↓↓↓
H24ボウリング大会









    











H24(2012)下関市駅伝大会結果

  平成24年2月5日(日)に下関市北運動公園周辺にて、下関市駅伝大会が開催されました。2年前から下関市消防団として出場しています。今年は、下関方面隊、豊田方面隊の方、モセキ消防団PRキャンペーン隊が参加しました。天候も良く快走でき、記録も上々でした。

1部 下関市消防団A 第11位

2部 下関市消防団B 第59位
    モセキ消防団PRキャンペーン隊 第87位

 
 下関市消防団のPRと、体力練成を兼ねて、参加希望者を募集しています。足に自信があるかた、走るのが好きな方、自薦・他薦を問いませんので、下関市消防局 消防団係まで、ご連絡ください。
 
 記録は下記(PDFをクリック)のとおりです。皆さんお疲れさまでした。
 ※画像が荒い点はご了承ください 
 H24下関市駅伝大会


←クリック



 
 
 

H22年度消防団幹部研修


       平成23年2月13日(日) 平成22年度下関市消防団幹部等研修会

 2月13日(日)午前中に、平成22年度下関市消防団幹部等研修会を開催しました。 今回は、(財)日本消防協会「平成22年度新時代に対応した消防団運営方策の普及に係る講座(出前講座)」の協力を得て、在日米海軍司令部地域統合消防隊 予防課長 長谷川 祐子 講師をお招きし、「米国発 消防団のための地域防火、防災指導クラス」と題して、消防団幹部・女性消防団員等107人が受講しました。
 子供に対する火災予防指導プログラムを中心とした、講師の熱心な講座を聴講し、日本とアメリカの指導に対する考え方の違いを学び、今後の火災予防指導あり方に非常に参考になりました。 また、講座を通じて、聴講者の危機管理意識の醸成と危機管理指導の重要性を学ぶことができた。


upH23-02_幹部研修_CIMG8995



















upH23-02_幹部研修_CIMG8998



















upH23-02_幹部研修_CIMG9001



















upH23-02_幹部研修_CIMG9003

H21年度消防団幹部研修

H22幹部研修1
【消防団幹部研修 住宅火災警報器について】


H22幹部研修2
【AED実施講習】


H22幹部研修3
【講習の様子(1)】


H22幹部研修4
【講習の様子(2)】

 平成22年2月14日に下関市消防訓練センターにおいて、下関市消防団幹部研修が行われました。各方面隊の方面隊長、副方面隊長、分団長、副分団長、合計55名が参加され、住宅火災警報器の講義(講師 下関市消防局予防課 田上課長補佐)と、AEDの使用訓練(各署所救命士4名)を行いました。
 住宅火災警報器は平成23年6月に設置が義務化されます。それに先立ち消防団幹部の皆様には、消防関係者として、一歩進んだ講習を受けていただきました。AEDについても、自分の周りの大切な方を守るために、必要な知識です。実際に体を動かして、更に技術の向上を図りました。皆さんお疲れ様でした。


お世話になりました。
住火器については、火災報知のみならず「逃げ遅れ」対策としての位置づけの講演に人命を守るという認識を確認いたしました。
心肺蘇生法実技は現場での対応の流れのこまかな指導は感心しました。
我々も現場における冷静、適格な対応の訓練の積み重ねが重要と思いました。今後ともよろしくご指導を!!

豊田方面隊本部分団長 横田 壽彦


救急AED
【AED心肺蘇生実施手順】
PAGETOP